ナスの剪定作業

蒸し暑い日が続きます。先日、作業をしていたらセミの鳴き声が聞こえてきました。夏の始まりですね~。

 

ナスの定植から1か月余りが経過しました。立ち遅れていた苗木も梅雨時期の雨と液肥の効果でようやく本来の姿に戻りました。

今は、どんどん伸びてくる枝葉の剪定をしています。

ナスの収穫、共同出荷も6月中旬から始まりました。出荷量はまだ少ないですが・・・。

ナスの圃場の回りにソルゴーの種をまいて20日余り。大きくなると2m以上の丈になります。

ソルゴーは、トウモロコシに似た家畜用の飼料作物です。

目的は、風よけ(防風ネット効果)と殺虫剤削減のためです。

 

ナスに付く害虫(アブラムシ)は、ほんのり甘いソルゴーに誘引されます。そして、これを食べにくる虫(天敵)が寄ってきてナスに付く害虫も食べてくれる訳です。

リンク

信頼の青果物

エイジGファーム

WEB

サイトへ

スマホ